2016年12月4日日曜日

キーサミットで見られたNZの花と絶景

 ミルフォードサウンドまでの道のりにあって、3時間ほどで上り下りすることができる半日トレッキングルートのキーサミットに12月2日に行ってきました。その目的は主にNZ原生の高原の花が咲き始めるころだったのでそれを探しに行ったのですが、快晴にも恵まれ快適な景色も楽しめる日になりました。

 ルートバーントラックをディバイドから歩きはじめると最初のハイライトがこのキーサミットで、ここにはミルフォードサウンドに日帰りで観光に出かける人たちが途中で、立ち寄って歩いているウォーキング・トラックとしても人気が高いところです。この日もたくさんのDayウォーカーと出会いました。

 そんなDayウォーカーの人たちはとにかくサミットを目指して足早に歩いていくのですが、私は道端の足元で、しかもとても小さく咲いている花を探しながら歩いて行きます。おかげでお目当ての花はたくさん見つけることができました。以下に挙げる花は12月2日に見つけましたが、これから12月から1月上旬ぐらいまではよく目立つマウンテンデイジーもたくさん道端に咲くことになります。


 (グリーンフード・オーキッド;緑の頭巾をかぶったような花を咲かせるラン。同じ色合いの苔やシダなどの生い茂る道端に咲いているので見つけにくいかもしれないけど、一度見つけると目に留まることになるでしょう。)


 (Greenhood Orchidはよく一か所に群生しています。キーサミットへの道端にも群生ヶ所が数か所あります。日影で、湿った場所に見つけることができるでしょう。)


(サウスアイランド・マウンテンフォックスグローブ;キーサミットへの道端には1箇所だけこの花が群生しているところがあります。緑のコケや草が生い茂る山肌に突然このクリーム色の可愛らしい花が咲いているので見つけやすいと思いますが、この日のこの花はまだ咲きはじめ。写真でもわかるかもしれませんがつぼみの部分がほとんどだったこの日もあと数日でそのつぼみが開いて、一つの茎からいくつかの花が輪を描くように咲く姿が見られるようになります。)


(エバー・ラスティング・デイジー;この小さな花はNZの原生の森や岩山の日当りのいい瓦礫斜面にもたくさん見られます。日が当たると花びらを開かせ、日が陰ったり、朝方、夕方は花びらを閉ざすのを永遠と思えるぐらい繰り返していつまでも咲いているように思えるような花なので、このキーサミットへの道端にも2月ぐらいまでは見つけることができるでしょう。また日当りのいいところはたくさん群生しています。)


(マウンテン・アニス;セリ科のこの花はキーサミットへの道端では今月下旬ぐらいまでこの花を見つけることができます。小さな白い花がまとまって咲いています。)


(ツリー・デイジー;キク科の植物が木質化したのがNZの高原地帯に見られますが、キーサミットにはツリーデイジーが花を咲かせています。花の姿を見たらデイジーというのが分かると思いますが、木質化しているので身の丈と同じぐらいの目線の位置に咲いているから簡単に見つけることができるでしょう。)


(ホワイトフィンガーズ・オーキッド;キーサミットにはこの小さなクリーム色の花を探しに行ったようなものだったのですが、まだ時期的に早いかな?と思っていたのですが、たくさん咲いているのを見つけることができました。)


(このランはとても小さいので、写真を撮るにも道端で這いつくばるように撮ってます。道行く人には何を屈んでまでまで写真を撮っているものか?と不思議がられると思います。ましてこの花が咲いている場所が視界も広がって多くの人が道端ではなくて周りの遠景を写真で撮っているようなところです。このキーサミットへの道のりではこのラン以外の別のランの花もまだ見つけることが12月一杯ぐらいまではできるでしょう。)


(キーサミットはこの12月2日は本当に気持ちよく晴れ上がり、11月は雨の日が多くて周りの高い山肌には雪がたんまり残っている姿が見晴らせて爽快な日となりました。)


(キーサミットからのパノラマ風景。こんな日にこんな景色を見晴らしながらのランチは最高です。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月30日水曜日

クッキータイムのクリスマス・クッキー販売中

 ニュージーランドのお土産で人気のクッキータイムがクリスマス期間限定クッキーを販売中です。クイーンズタウンの専門店だけでなくテカポやオークランドのお土産物屋さん、そして全国のスーパーマーケットでも購入できます。

クライストチャーチに工場があって昔からNZの人なら誰もが好きな手のひらサイズの大きなクッキーと言えば”クッキータイム”。最近はニュージーランド航空の国内線に乗れば機内サービスで配られるので、観光でやってくる旅行者でも一度は口にすることが多いこのクッキータイムが今年もクリスマスシーズンに合わせて期間限定のクリスマス・クッキーを販売しています。

全国のスーパーマケットやコンビニのレジ前には必ず陳列棚があるクッキータイムの商品も、この時期はオリジナル版クッキータイムのパッケージがクリスマス仕様に変わって販売されています。キャラクターのクッキー・マンチャーがサンタクロースになっている絵柄に変えられ、すぐに見つけることができるでしょう。

また、クッキータイムの専門店としてNZ国内ではこの1件だけとなるクイーンズタウンのCookie Barではこのお店だけの商品もクリスマス向け商品が出そろっています。今の時期クイーンズタウンにやってきたら是非お土産にもクリスマス・クッキータイム商品を買っていくことをお勧めします。

このクイーンズタウンのクッキーバーで販売されているクッキータイム商品は旅行者向けのパッケージが取り揃えられていて、一般のスーパーマーケットなどでは手に入らないものが多いのですが、NZのお土産物屋さんであるアオテア:AOTEAではこれまでクイーンズタウン店がこのクッキーバーで販売されている同じ商品を取り扱っていたのですが、オークランド店も、そしてテカポ店でもさすがにNZを代表するお菓子ということで取り扱うようになっています。クイーンズタウンのクッキーバーに行くことができない人はオークランド、テカポ、クイーンズタウンのアオテア・ギフトでこのクッキータイムを見つけてみて下さい。アオテアギフトだと各店舗PM10時まで開いています。


(全国のスーパーでも売っているオリジナルサイズのクッキータイムはこのようにクリスマス仕様のパッケージになっています。この写真はクイーンズタウンのクッキーバーに陳列されているものです。)


(クイーンズタウンのクッキーバーで販売されているクリスマスクッキーの商品もいろいろあるのですが、お土産にもお勧めなのがこのNZ航空の機内サービスでも配られているのと同じサイズ;ルーキーサイズ20個入りがいいのでは?これ以外にオリジナルサイズのクッキータイムが1枚入っているボックスがそのまま海外にも郵送することができるクリスマスカード付Postcard Cookiesというのもあります。)


(AOTEAギフツのテカポ店では店頭にこのクッキータイムの陳列棚があるので、すぐに見つけることができるでしょう。サーモン丼で有名な湖畔レストランの隣がアオテアギフツ・テカポ店です。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月25日金曜日

テカポのルピナスが見ごろになってます。11月19日現在

 テカポの良き羊飼いの教会の周りで見られるルピナスの花が見ごろを迎えています。これから12月中旬ぐらいまでは素敵な状態の花の姿が見れるでしょう。

テカポ湖畔のルピナスの花が今年も見ごろを迎えていました。11月18日の夕方と19日の朝に訪れた時の写真をグーグル・フォトにアルバムとして公開してます。https://goo.gl/photos/jnU6CUvXUVKMtP8K8

良き羊飼いの教会の周辺は11月になるとこのルピナスの花が咲き乱れて、朝から多くの観光客が小さな教会とミルキーブルーのテカポ湖をバックに写真を撮りに訪れます。11月18日に訪れた際はまだつぼみの状態の部分が残るルピナスが多くて、それがまた彩を添えるようにとてもきれいな花の様子を写真に収めることができました。

このルピナスはテカポ湖畔の写真が観光ツアーパンフレットなどに取り上げられてとても知られていますが、NZ国内では雑草扱いのこの花はテカポ以外でもNZ南島のちょっと高原地帯ではいたる所で見られる花です。これから12月下旬ぐらいまではマウントクック周辺やクイーンズタウンでも、そしてミルフォードサウンドへの道のり沿いにたくさん見つけることができる花です。






(テカポの良き羊飼いの教会周辺で見られたルピナスの花,11月18日、19日撮影)
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミルフォードサウンドのフィヨルドランド・クレステッド・ペンギン

 ニュージーランドの南島では3種類のペンギンが見られます。その中でミルフォードサウンドなどにだけ巣作り、子育て、そして羽が入れ替える時期に南極洋からやって来るフィヨルドランド・クレステッド・ペンギンというペンギンが11月21日のネイチャークルーズで見ることができました。

毎年このミルフォードサウンドの沿岸部の森の中に決まった場所で子育てなどを行うフィヨルドランド・クレステッド・ペンギンを私は今シーズン初めてこのネイチャークルーズに乗船中見ることができました。遊覧クルーズ上から見ると岩肌や木陰などでとても見つけにくいのですが、この日はとてもたくさん海岸線に出てきてくれて(恐らくちょうど朝の漁に出かける時間にかち合ったようで)、何とか写真にも収めることができました。

この小さなペンギンもミルフォードサウンドでは12月上旬ぐらいまで姿を見ることができますが、その後南極洋に戻って行き、翌年の7~8月までここで見かけることはなくなります。




(11月21日ミルフォードサウンドのネイチャークルーズ上で見られたフィヨルドランド・クレステッド・ペンギン)

グーグルフォトに11月21日ミルフォードサウンドのネイチャークルーズ上で見られたフィヨルドランド・クレステッド・ペンギンのアルバムを作成しました。https://goo.gl/photos/ZNtWif4arob5G6kVA





このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月12日土曜日

レイク・マリアン/氷河谷へ往復3時間のトレッキング

 ミルフォードサウンドへの道のり途中の往復3時間ほどのトレッキングルートであるレイクマリアン・トラックを歩いてきました。素敵な氷河が削り上げた渓谷と神秘的にきれいな湖が見れる半日トレッキングルートです。

レイクマリアントラックの出発点はミルフォードサウンドへの道のりから少し外れた所になります。近くにルートバーントラックの出発点であるディバイドがあり、そこから往復3時間ほどで楽しめるキー・サミット・トラックが海外からの旅行者にも知られていて、ミルフォードサウンドへの行き帰りに立ち寄る人が多いのですが、このレイクマリアンは同じく往復3時間ほどの道のりですが、キーサミットほどは知られていなくて、後述するように少しキーサミットより道のりが厳しいものになることからお気軽トレッカーには認知されていないトレッキングルートです。けれどこの日も若いバックパッカー系の人たちがたくさん歩いていましたが、そういった整備があまりされていない山道でも歩いてみたいと思う人で、体力がある程度あって、NZらしいトレッキングをより一層楽しみたい人にはお勧めの半日トレッキングになります。

レイクマリアンまでのトレッキングルートは出発点が標高300mほど、そこから原生林の森の中を登って行き、標高720mに至ると氷河が削り通った後に出来上がった大きなU字谷が現れ、その谷底に深緑の湖;Lake Marianが現れます。その距離はおよそ3.3kmほど。その道はほとんど緩やかな登り道ですが、地面から出ている岩や木の根っこが絶え間なく続くため常に足元を気を付けながら歩くことになりすたすたと歩いて行くことは無理です。時にはぬかるみもあり、また両手を使ってよじ登る所も出てきます。基本的にはオレンジ色のマーカーが木の幹などにくぎ打ちされていてそれが目印となる森の中のトラックです。

行き着くレイクマリアンは本当にきれいな湖です。周りの岩山も奥に2263mのマウント・クロスカット、西側の一番高い部分が2474mのマウント・クリスティーナの山並み、そして東側が1899mのマウント・リトルの岩肌が取り囲むU宇谷となり、どちらを見ても切り立った岩壁の谷間になります。晴れている日には是非ここまで登ってくることをお勧めします。

(レイクマリアン・トラックの出発点はホリフォード渓谷にあり、駐車スペースには多くのバックパッカー系の車、キャンピングカーがこの日もたくさん停まっていました。)


(駐車場からホリフォード川を吊り橋で渡ってから20分ほどでレイクマリアンから流れ来る川の流れが連続して落ち込む滝の流れを見下ろすことができる見晴らし台まで行けます。ここまでは道もよく整備されているので一般の観光客もやってきてます。この先からぬかるみの道に変わり、山道へと入って行き、1時間半ほどでレイクマリアンまで登っていけます。)


(このレイクマリアントラックの好きなところは、まず原生林の森の中のシダや苔がきれいで、たくさん生い茂っています。特にミズゴケ(Sphagnum moss)はこのような一般のトレッキングルートでは特にきれいにたくさん見られます。)


(道のりは基本的に岩や木の根っこが地面にたくさん出ていて、片足はいつでも岩、もしくは木の根っこの上に載っている状態で歩いていくと思っていたらいいでしょう。また時には両手を使う必要のある山壁をよじ登ったり、降りたりすることもある道のりです。)


(森を抜けると目の前にはこの絶景が飛び込んできます。この日は晴れていて、気温も高めだったので多くの人が日光浴を楽しんでいました。欧米のバックパッカーには知れ渡っているのか?みんな水着に着替えるか、男の子は短パン一つで日光浴を楽しんでいました。さすがに湖の水は氷水ということを知っているのか?泳いでいる人はいませんでした。この日は風が少しあったのでこんな日光浴も楽しめる日でしたが、これが湖の湖面が鏡の状態になる無風の日は景色はとてもすごいのですが、サンドフライがたんまり出てきて落ち着いて留まってはいられなくなるところです。)


(11月10日レイクマリアンのパノラマ風景)

歩いてNZにもこのレイクマリアントラックのトレッキングを紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月9日水曜日

17年秋のNZブリーズツアープラン2コース発表

 ニュージーランドに個人旅行でやってくる方向けに様々な旅行情報を提供しているNZブリーズでは2017年の秋=4月、5月を周遊するツアープランを2コース発表しました。

NZ南島の秋を満喫しながら人気の見どころをもれなく周遊することが5日間コースと6日間コースを設定しました。どちらもクイーンズタウンに到着してからクイーンズタウン空港から帰路に就くパターンです。サマータイムが終わって夜の時間が長くなって星空を見上げるのにも適する季節になって行く4月、5月にテカポでの宿泊もどちらも含まれています。

この2つのコースの詳細、日程表、問い合わせ先はNZブリーズのサポートツアーページ;http://www.nzbreeze.co.nz/contents/support%20tour/17%20support%20tour%20plan.htm をご覧になっていただきたいのですが、ここに概要を紹介します。
(17'秋-1)クイーンタウン着発、秋のNZ南島見どころ周遊5日間プラン
1日目;クイーンズタウン空港到着後日本語ドライバーガイドの専用車にて黄葉の名所であるアロータウン見学を含めたクイーンズタウン郊外の観光後クイーンズタウンホテルへ送迎。クイーンズタウン泊
2日目;ミルフォードサウンド一日観光バス+遊覧クルーズツアーに参加。クイーンズタウン泊
3日目;クイーンズタウンを専用車で出発、ワナカへと向かい観光しながらマウントクックへと向かいます。
マウントクック・ハーミテージホテル泊(夕食、朝食付き)
4日目;マウントクックの出発時間はご希望に沿います。午後にマウントクックからテカポへと向かいテカポ泊
星空ツアーへの参加も可能、但し手配はオンラインにて各自行っていただきます。
5日目;テカポを朝出発。クイーンズタウン空港への途中ワイナリーレストランにてランチタイムを取ります。
クイーンズタウン空港にはPM出発便に併せて到着。

料金:17'4月~5月=NZ$1950/お一人

(17'秋-2)ミルフォードサウンドとテカポに泊まる6日間プラン
1日目;クイーンズタウン空港到着後日本語ドライバーガイドの専用車にてクイーンズタウンホテルへ送迎。クイーンズタウン泊
2日目;クイーンズタウンを専用車で出発。ミルフォードサウンドまで見どころでカメラストップしながら向かい、ミルフォードサウンド到着後オーバーナイトクルーズに乗船。船内泊(夕食、朝食付き)
3日目;オーバーナイトクルーズ終了後ミルフォードサウンドからテアナウへと移動。午後もしくは夜にテアナウの土ボタル洞窟ツアーに参加。テアナウ泊
4日目;テアナウ出発後アロータウンへと向かい、アロータウンにて自由散策。その後ワイナリーにてランチ休憩。午後にはテカポへと移動。テカポ泊
星空ツアーへの参加も可能、但し手配はオンラインにて各自行っていただきます。
5日目;テカポから専用車でのマウントクック日帰り観光へと出かけます。テカポにて連泊
6日目;テカポを朝出発。クイーンズタウン空港にはPM出発便に併せて到着。

料金:17'4月~5月19日=NZ$2420/お一人


(NZの4月5月は秋。ツアープランの行程中では黄葉が楽しめるアロータウン、ワナカを訪問し、収穫の時期を迎えるワイナリーでのランチタイムをとることができます。)


(4月以降は夜の時間が長くなるニュージーランド。その夜の星空を見上げるのに適した人気のテカポにこの二つのツアープランでは宿泊します。)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月7日月曜日

マウントクックリリーが見られる観光地と時期

 マウントクックのフッカーバレーで素敵な可憐な花のマウントクックリリーが咲き始めています。これからの時期いろいろなところでこのNZ固有種の高原の花が見られるようになります。

マウントクックリリーとその葉っぱがスイレン(ウォーターリリー)のようなのでリリーと呼ばれていますが、実は世界最大のキンポウゲ(Buttercup)の種類の花。だからジャイアント・バターカップとも呼ばれるこの花はNZ南島の高原(標高700m~1500m)に咲いているのが見られます。時期的には11月ぐらいから12月にかけて観光客が訪れるようなところでも見られます。

このマウントクックリリーが咲いていることをツアーの目玉にもしている日本からのパッケージツアー客がたくさんのマウントクックに11月ぐらいから押し寄せます。そのマウントクックのハイキングコースであるフッカーバレーがこのマウントクックリリーを見れる場所としては有名です。毎年11月~12月にかけてこの花を見ながらフッカーバレーを半日ハイキングが楽しめます。

マウントクックリリーはその名前から想像するとマウントクックでしか見られないと思われるかもしれませんが、NZ南島の高原地帯では結構その時期になればよく見られる花です。マウントクックではフッカーバレーにたくさんの日本人がこの花を見に来ますが、一つお隣の谷間になるタスマンバレー(Tasman Valley)にも12月ぐらいまでなら小川沿いに見られます。

また、観光地として有名なミルフォードサウンドへの道のりでもこのマウントクックリリーは咲いているのが見られます。マウントクック周辺より少し開花時期はずれて、12月に入ってからミルフォード・サウンドへの道のり途中であって通常観光バスもカメラストップで停車する場所のモンキークリークからホーマートンネルに至るまでの国道沿いはマウントクック・リリーがたくさん咲き、乗合観光バスでは車窓からでも見つけることができるのすが、レンタカーなら国道沿いの駐車スぺースがいくつかあるので(特にホーマートンネル入り口)そこで谷間を覗いてみると白い花を見つけることができるでしょう。

このミルフォードサウンドへの道のり途中でモンキークリークからホーマートンネルまでの中間点当たりにゲートルードバレー(Gerdrude Vaslley)という大きな谷間に歩いて入っていけます。この谷間の山肌は12月中旬ぐらいはマントクックリリーとマウンテンデイジーのお花畑になります。ここには日本人の観光客はやって来ないし、ここをトレッキングしに来るトレッカーはほぼみんなこのお花などには見向きもしないので、マウントクックリリーのお花畑を独占することもできます。

(14年12月13日、ゲートルードバレーでのマウントクックリリーとマウンテンデイジーのお花畑)

それと、観光地ではないのですが、NZのトレッキングで代表的なルートであるミルフォードトラックとルートバーントラックを歩けば12月ぐらいから1月ぐらいまではマウントクックリリーを見付けることができるでしょう。ミルフォードトラックでは3日目のハイライトであるマッキンノン峠への登り道で見つけることができるでしょう。ルートバーントラックではレイクマッケンジーハット周辺の山道沿いとハリスサドルからルートバーン・フォールス・ハットまでの途中の谷間でこの素敵な花を見ながら歩くことになるでしょう。

11月5日にマウントクックのフッカーバレーで見られた咲き始めのマウントクックリリーをフェイスブックにアルバムとしてアップしました。https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1289558294427734.1073741829.195621750488066&type=1&l=98a01f5acd



このエントリーをはてなブックマークに追加